あたたかな

あたたかな気持ちに包まれる人との触れ合い。

 

少子化が言われる昨今。
政策だとか、社会の環境だとか。

問題は沢山あるけれど、まずは身近な優しい気持ちを増やすことから
始めなければならないのかもしれない。 思いやり。

何よりもこの言葉が大切だと感じます。
妊婦さんを狙った嫌がらせを回避するためにマタニティマークをつけない人がいると聞きました。
また、子供連れへの厳しい叱責。

もちろんママである私たちも最低限のマナーを守らなければなりません。
この立場に甘えてはいけません。

だけどその上で見守る優しさがあれば。

子育てしやすい目線ってあると思います。
理解力、これが大切ですね。
公共施設などでは特に思います。

子供が泣いて不快そうな顔をする人ってやっぱり居ます。
中には親御さんに怪訝な顔をしている人も。
でも子供が泣くのは仕方がないと思うんです。
好きで泣いているわけでもなく、子供なりの、理由があるんです。
少しの理解で子育てって大きく変わるんだろうなって思います。